OJLOG

不労所得での生活を目指して資産を育てていく記録

【FX】ポジションを持つ事で、その国の外交を考える

「ドル/円が下降しているのに、他の通貨ペアは軒並み上がっているのは何故なのだろう?」

まだFXをはじめたばかりの1ヶ月目に疑問に思った事でした。

米ドル/円の動きと逆相関した通貨ペア

それはZAR/JPYで10万通貨を持っていた時に愕然とした事でした。 

いわゆる「クロス円」の動きは、4時間足でみると「米ドル/円」と同じような動きをしていました(2019年1月)。

既にFXの運用しはじめていたので、各国の中央銀行の総裁が発言すると、多少なりとも影響が為替相場に影響があるのは知っていました。

 

FOMCのパウエル議長が発言すると、大きな影響があるのは分かっていたので、予め噂されていたハト派的な講演をするという予測を立てて、ZAR/JPYの高い位置で「売り」を仕掛けました。

パウエル議長が発言すると、ぼくの予想通りに「米ドル/円」は暴落したのですが、ポジションを持っていたZAR/JPYのレートが急騰しました。

「え?なんで?!ドル/円が下がってるのになんで逆行するの?!」

予想は当たっていたのに、ポジションを持った通貨ペアの取引が米ドル/円と真逆に向かった理由が分からず悩みました。

南アフリカについて調べてみた

想定していなかった値動きになったことで、南アフリカが抱えている国の事情があるのではないかと仮定しました。

南アフリカは、どの国との因果関係があって影響されやすいのか?そうしたことを知ることで、値動きとの関連が出てくるかもしれないと考えて調べることにしました。

  • サハラ砂漠以南にある国々の全体のうち、約30%ほどのGDPを経済大国である
  • 金やプラチナ、ダイヤモンドなどの鉱石に恵まれている
  • 輸出先のトップ3は、中国がダントツで、アメリカ、インド・・・

輸出先のトップが中国だったことから、米中貿易戦争の影響を受けやすいことが分かり「あーそういうことだったのか!」と納得したのでした。

 

実際にポジションを持って、損をしたことで初めて南アフリカについて調べることになったのですが、損をしたことで悔しかったから調べた訳ではありませんでした。

純粋に思っていた方向と逆に動いた理由を知りたかったのですが、調べてみて知識を得たことでトレードに活かせるかどうかは別の次元だとは思います。

しかし長期的なFXトレードを考えてみると、国と国の外交を調べてみることで経済成長の方向も見えてくるのではないかと思ったのでした。